ごう矯正歯科の取り扱い矯正装置について

横浜市青葉区のごう矯正歯科では、矯正専門医である院長が患者様の矯正治療に当たります。矯正を専門に学んだだけでなく、日本矯正歯科学会の認定医・指導医・専門医でもあります。これまで、さまざまな症例を治療した実績があり、信頼に足る根拠を持つ治療法をご提案しています。

患者様一人ひとりに合わせた装置をご提案します

当院では、患者様のお口の状態や不正咬合の種類から、最適と考えられる治療法を立案し、それにぴったりの矯正装置をご提案します。また、目立つ矯正装置は嫌だ、痛いのは苦手、といった患者様のご要望にも対応した装置を取り扱っています。

当院で主に扱っているのは、あらゆる症例への対応実績がある「マルチブラケット方式」の装置。歯の表面に小さな部品(ブラケット)を装着し、そこへワイヤーを通して歯に負荷をかけ、少しずつ歯を移動させていく方法です。

メタルブラケット

概要

矯正装置という言葉から多くの方が連想する、もっとも一般的な装置。金属のブラケットを歯の表面に取り付け、ワイヤーを通して歯を移動させます。

メリット

  • あらゆる症例に対応
  • 歯の移動がスムーズ
  • 強度があり壊れにくい
  • 最近はブラケットが小さいタイプもある

デメリット

  • 見た目に金属が目立ちやすい
クリアブラケット

概要

ブラケットに透明の素材を採用した装置。歯の色と調和し、取り付けた時にもあまり目立ちません。

メリット

  • 見た目に目立ちにくい
  • 審美性が高い

デメリット

  • メタルブラケットに比べると多少治療期間が延びる
  • ブラケットに着色しやすい

ブラッシングについて

ブラケット・バンド・ワイヤーなど細かな部品で成り立つ矯正装置を取り付けると、ブラッシングがしづらくなります。食べかすが残りやすく、歯垢(プラーク)も溜まりがちになると、虫歯や歯周病といったお口の病気を招きやすくなるのです。また、矯正治療には長い治療期間が必要となるため、しっかりブラッシングで汚れを落とすテクニックが必要です。

矯正中は、それまでよりもブラッシング方法に工夫が必要となります。当院では、矯正装置を取り付けてからの、上手なブラッシングやデンタルケアのコツをしっかりご指導いたします。定期的にご来院いただく調整では、専門家の手で歯の汚れをしっかり落とす処置も行いますので、ご安心ください。

カウンセリングのお問い合わせはこちら 045-902-7776